NHK渾身の「AIに聞いてみた」が炎上した必然

バズるワードへの傾倒がもたらす報道の歪み

7月22日に放送されたNHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」が、さまざまな波紋を呼んでいるのをご存知だろうか。

この番組、NHKのウェブページで番組概要を見ると「日本の閉塞した状況を打破する手がかりを求めて、NHKは『課題解決型AI(人工知能)」を開発した。パターン認識と呼ばれる手法で700万を超える日本の統計データをAIが解析した結果、驚きの結論が!それは『40代ひとり暮らしを減らせば日本がよくなる』といった奇想天外な提言の数々だった。それは何を意味するのか? 日本は本当に良くなるのか? マツコ・デラックスと有働由美子アナが、本音でAIと対決する」とある。




とてもAIと呼べる代物ではない

“できないことは何もない”は間違い

なぜ炎上したのかを考えてみる

“バズワード”への傾倒がもたらす報道の歪み

なぜこのタイトル(「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」)が付けられたのか?

記者は媒介役でしかない
タイトルにモラルハザードが蔓延している













3週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。